10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ひつまぶし

  // 

三十過ぎの飲んだくれのおっさんがだらだらと書き綴るブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

今年最後の更新〜遂に『コレだけはリスト』コンプリート! 

ども、お久しぶりです。
ぼーっとしていたら、いつの間にか平成27年も今日で最後ですわ。時間過ぎるのはえーよ。
今年も色々とありましたが、にっくさん的に大きかったのは、『包丁を買い換えた』ことと『コレだけはリストその一』コンプリートしたことですね。
グローバルの包丁とか
上二本が『グローバル』という会社の牛刀とペティナイフです。一番下が15年とちょい?前くらいにホムセンで二千円くらいで買った牛刀です。
やっぱり、いい包丁は切れますねぇwなんて鶏肉とか切ったあとににんじん切ったら、以前の包丁の方が切りやすかったのはなぜ?
おかげで、出刃と菜切りも購入してしまいましたよ。まだ届いていませんが。
とはいえ、ホムセンで買った二千円牛刀は15年以上20年未満の付き合いがあるので捨てられそうにあいりません…
こいつの刃こぼれがひどいので買い換えたんですがね。ま、いーか。

んで、ついにコンプリートした『コレだけはリスト』いきます。
まずは漫画から。
『第七女子会彷徨』は9巻まで。シュール系SFギャグ漫画でいいのか?最初は??でしたが、話が進むにつれて面白くなっていった感じです。てか、次巻で最終巻だそうで。
『とある日常のいんでっくすさん』は4巻まで。『とある〜』のスピンオフでほのぼの日常系の四コマ漫画です。本編で全くといっていいほど出てこなくなった、姫神とかがけっこうでてきたりします。
『とある魔術の禁書目録』は16巻まで。ようやく『大覇星祭』後の罰ゲームかい。次巻が楽しみてとこですね。
『あさひなぐ』は17巻まで。ようやくナツユキ君がでてきましたね。
『よつばと!』は13巻まで。よーやく出ました新刊。長かった…今回はよつばのばーちゃんメインですかね。やっぱり、母親についてはわからず。
『木曜日のフルット』は5巻まで。一話が短いので暇つぶしちょうど良い漫画です。
『乙嫁語り』は8巻まで。8巻の主人公はパリヤさんです。思ったことをすぐ口に出してしまうトラブルメーカーです(現実によくいますよねぇ…)。そのおかげで、相思相愛の人はいるが、結婚が遅れて、ああーーってなってます。
『げんしけん』は19巻まで。班目ハーレムの決着つかず! んで、笹原妹が引っ掻き回す、てな感じですか。いくらねんでも波戸くん(男の娘)はないでしょ。
『軍靴のバルツァー』は8巻まで。とりあえず早く続きが読みたい。てか、気球まででてきましたか。
『ドリフターズ』は4巻まで。面白いんですが、この手の作品読むと日本史の勉強しておけばよかったなぁと思います。
『自殺島』は14巻まで。自殺未遂を繰り返す奴らをまとめて無人島に放り込む、ちうサバイバル漫画です。ちょっとうまく行き過ぎじゃね?と思うことは多いんですが面白いです。
『監獄学園』は19巻まで。これ、ドラマ化?されるとかいう話あるけどメデューサとかディアボロスとか、しっことかダイジョブなんか?
『酒のほそ道』は38巻まで。特筆なし。
コレだけはリストその二に入れてるやつですが、『ウイングマン』は2巻まで。とりあえず、この当時の漫画って強引でいい加減だなぁとおもいましたw
んで、リストその三に入れていた『MONSTER』(完全版)は全9巻読破。ドイツ在住の天才脳外科医が殺人事件に巻き込まれてってな話です。面白くて一気によんでしまいました 。
『富士山さんは思春期』は8巻まで。中学二年の女子なのに身長181cmの富士山さんと幼馴染で163cmのカンバがひょんなことからおつきあいすることになるちう、ほのぼの恋愛まんが。初々しくてかなりいーです。おすすめ。次巻で最終巻なのが残念。とりあえず、次巻のおまけ漫画に期待、ですね。
んで、リスト外ですが、水木しげるの『敗戦記』読みました。太平洋戦争についての短編集です。
手塚治虫の『新宝島』読了。手塚治虫の長編デビュー作です。ふむふむと読んでいたら、これ1947年発表のものなんですね。スティーブンソンの『宝島』とは別物なのでご注意を。
『海のトリトン』は1巻のみ。昔の漫画って、かなり強引に話をすすめるなー、という感じ。
お次は、アニメです。
『ひだまりスケッチヒロ・紗英卒業編』観ました。先日『芸術科アートデザインクラス』が最終回なので『まんがタイムきららキャラット』を買ったので最新話をよんだのですが、ふつーに吉野屋先生でてたなぁ、なんて思ってしまいした。
『名探偵ホムームズ』の劇場版。劇場版つっても、『青い紅玉の巻/海底の財宝の巻』の2話46分なんで、テレビ版とたいして変わりません。これ、中学生のときに知人にビデオ借りて全話みましたねぇ。イタリアとの合作なんですね。なぜかキャラクターが全員犬でハドソン夫人が若い(19歳!)。残念ながら、DVD化されているのは、この一本のみです。
続いて、邦画とかホラー映画(スプラッターもありますが)。
『降霊』。霊感のある主婦が売名に走りドツボにはまっていくという、ある意味怖いお話です。
『手錠のまま脱獄』邦画の『手錠』がDVD化されていなかったので、その代わりのものです。護送車の事故で白人と黒人の囚人が脱走するちう話。白黒なので時代を感じますね。
『世界大戦争』。第三次世界大戦が始まるまでの一般庶民の生活描いた反戦映画、でしょうか?カラーではあるものの、かなり昔の映画なので時代を感じますわ。
『スペースバンパイア』。未来のお話。ハレー彗星を調査してたらカプセルに入った裸の男女を見つけたよ、調べてみると…てなお話です。
『フリークス』。サーカスの見世物の奇形な人たちの話です。白黒なのと二人の女優さん(悪女と良女)の髪型同じで見分けがつきにくいので少々混乱します。あと、wikiみると結末部分がカットされているような気がするんですがねぇ。
『鬼畜大宴会』。赤軍連合の集団リンチを扱ったスプラッター映画です。
『追悼のざわめき』。はっきり言って意味がわかりません。白黒なのでましですが、グロいというかなんというか。『公開の際、映画技師が嘔吐した』とwikiにありましたが、納得です。飯食いながら観てはいけません。
『幻の湖』。滋賀県の雄琴のソープ嬢のお話。ちと長いです。
『ソドムの市』。イタリア映画ではなく、高橋洋のやつです。正直、『なんじゃこら』ちう感想です。なんかもうね…
というわけで、『コレだけはリストその一』全301項目完全制覇です!
本格的にリストを消化し始めたのが平成25年の1月なので、ほぼ3年かかってます。結構長かった。まあ『リスト其の二』が控えてるんですけどね。
映画はハズレが多かったけど漫画と小説は、面白いのが多かった印象ですね。ジャンプ系のバトル物を受け付けなくなったのはトシのせいですかね?
来年からは『コレだけはリスト其の二』の消化をしていきたいと思います。其の二は、少しだけですが消化しているものもあるし、項目数自体が少なめなので二年ほどで消化できますかね?個人的には一年で消化したいんですけどね。

ではおぬまみ。
神田やぶ_ねぎ味噌
神田のやぶそば行ってきました。ぶれてますが、酒を頼むとねぎ味噌がでてきます。これを舐めながら、料理を待つ、と。
神田やぶ_焼き海苔
焼き海苔です。ちと高いですが、海苔箱に入っていて、中に炭が入ってます。
神田やぶ_かまぼこ
かまぼこです。なんか、老舗のそば屋さんのかまぼこって大きいですよね。
神田やぶ_天ぬき
天ぬきです。裏メニューでなく、ふつーにメニューにのってます。小さいエビをかき揚げにしたような天ぷらがつゆのなかに入ってます。衣がつゆを吸っていい感じになってます。
神田やぶそば
んで、せいろうそば。最後に濃いめのつゆでいただきます。
少し高いけどまた来ようと思います。次は鴨ロースでいっぱいですな。

でわでわ。よいお年を。


酔っぱらい日記 ブログランキングへ

【グローバル包丁 ポイント10倍】グローバル三徳3点セット Eタイプ 【包丁置き&ディッシュク…
スポンサーサイト
日記  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

この記事に対するコメント

私がそのペティナイフを使ったら、手が滑って落とすと思います。

「ウイングマン」の作者は画力がある、と思います。当時人気だった、酒井法子の似顔絵を上手に描いておられました。

「富士山さんは思春期」は私が題名を知っている中では最も新しい作品です。内容は知りませんが。

「海のトリトン」はテレビアニメで少し見ました。クラゲが敵の通信係。

「名探偵ホームズ」はたしか映画館で見ました。何かと同時上映だったと思います。「風の谷のナウシカ」?

「スペースバンパイア」日本人が頭を使った折りたたみ方を考えねば、彼らはああいう太陽光発電パネルを採用するのでしょうね。



蕎麦屋、とても粋!

海苔は温めるため?乾かすためでしょうか?

天抜き、うちの近所にはなさそうですが、もう少ししたら食にべ行きます。



良いお年を!

URL | なおと #8Tl3ZpN2

2015/12/31 17:21 * edit *

Re: タイトルなし

> 私がそのペティナイフを使ったら、手が滑って落とすと思います。

お気をつけて〜。

> 「ウイングマン」の作者は画力がある、と思います。当時人気だった、酒井法子の似顔絵を上手に描いておられました。

この人の描く酒井法子はすごいっすよね。ただ、ウイングマンの初期はまだ画力がしょぼいみたいです。

> 「富士山さんは思春期」は私が題名を知っている中では最も新しい作品です。内容は知りませんが。

中学生の恋愛もので、ほのぼのしてます。

> 「海のトリトン」はテレビアニメで少し見ました。クラゲが敵の通信係。

いつかアニメも観てみたいとは思ってるのですが、時間あるかなぁ。

> 「名探偵ホームズ」はたしか映画館で見ました。何かと同時上映だったと思います。「風の谷のナウシカ」?

同時上映は『ナウシカ』であたりのはずです。

> 「スペースバンパイア」日本人が頭を使った折りたたみ方を考えねば、彼らはああいう太陽光発電パネルを採用するのでしょうね。

そう考えると『折り紙』てすごいなぁ、と思います。

>
> 蕎麦屋、とても粋!
>
> 海苔は温めるため?乾かすためでしょうか?

炭の熱でパリッとさせる為だと思います。

> 天抜き、うちの近所にはなさそうですが、もう少ししたら食にべ行きます。
>
なにせ、もともと裏メニューみたいですしね。
>
> 良いお年を!

あけましておめでとうございます!

URL | にっく #-

2016/01/02 10:33 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nickstone002.blog67.fc2.com/tb.php/329-46d6895e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。